2021/6/5 vol.1 えらみ

えらみはえらみ。

ー以前は “自ら寄せにいっていた” LGBTという型

ーわざわざ型にはまりにいく必要はない

ーかわいくなりたいけど、手術して女性になりたい訳ではない
 

青文字:LIVABALL

黒文字:えらみ

LGBTなどという単語、専門用語を使わずに自己紹介、自分を説明してください!

身体的に男性であるという認識はあるけど、
性別はと聞かれたら「男です、女です」という表現はしたくないと思っています。

「私」という人間として生きています。

恋愛対象は男性ですが、基本的に人を「この人はストレート」だとかいう概念ではなく、“一人の人”として見ています。

職場よりも日常生活や公的機関などで・・・

ー事前ヒアリングで、職場環境は良いとお聞きしました。ぜひシェアして下さい。

アパレルのお仕事なのですが、男性か女性、どちらの売り場でやりたいか最初に聞かれました。

そして現在女性服売り場で、とても楽しく働かせてもらっています。

ー素晴らしい対応ですね!では職場よりも逆に、日常生活や公的機関での方が困ると感じることが多いですか?

男性か女性どちらかを選ばなければならない時はどうしていますか?

役所や病院など、生物学的な性別が必要な時は男性と記載。

その他があればその他を選択します。

 

身なりが女性らしいから女性と思われることは嬉しいのですが、男性と記載した時に改めて「え、女性じゃないんですか?」と確認されると少しなんだか嫌な気分というか、「気まずい。この世には男と女しかないんやなぁ」という残念な気持ちになります。

かわいいの概念

ー(上記の続き)じゃあ、手術したいと思う?

思わないですね。身体は一生男のままでも良いと思っています。手術をして性別を戸籍から変えないと好きな人と結婚出来ないなら、するかとは思います。

わたしは身体の手術より、顔を綺麗にしたい。「とにかくかわいい自分をみたい!」

「かわいければ、身体は男性のままでも良い。」「かわいい自分=女性の形を持つということではない」ってこと?

はい。自分らしさが良いんじゃないかなと。

ーほーーー!!!

これキーワードですね。「かわいい=女性」とか、何にでも「AならばB」という固定概念/常識/それを守らないといけない、みたいなのありますよね。

でも、えらみちゃんのかわいいは “女性の身体をもつこと” ではないと。

はい!えらみはえらみ!

恋愛、性器の使用

恋愛の時はどうですか?
いわゆる女性らしい見た目だから多くの人は男性が好きなんだろうなと思うんだろうけど、実際はどうですか?

恋愛対象は男性です。

込み入った話なんですけど・・・。
完全に身体を女性にしたいわけではないらしいけど、SEXするとき特に違和感とかはないですか?

普段身体は男性のままで良いんですけど、SEXの場面では男性という事を痛感する為、性器に対して嫌悪感はあります。

(武島)
わたしと少し似ています!私は自身を女性と認識していて、女性のままでいたいのですが、おっぱいや性器を使用することには違和感があります。性別は逆ですがえらみちゃんと同じく、「自分めっちゃ女の子!」と感じるからかと思います。

LGBTの中だと自分は “L”以外ではないから“L”と言っていますが、とある調査ではジェンダーは112種類もあると言われています。きっと他の名前でもっとぴったりなのが、私にもえらみちゃんにもあるかもしれませんね。

(小川)

女性らしい格好をしていたら、「手術もして身体も変えたいんだ!」と多くの人が思ってると思うけど、全然違うんだね!バラバラだなぁ~!

カテゴリー分け 寄せに行く話

そもそもLGBTという名前があるから、「自分どれやろ?」って思ってしまう。だから私も、以前は近いものにいつしか寄せに行ってたと思います。

マイノリティの中にもある「普通(=LGBTのどれか)」に合わなければ、自分の居場所がなくなるように感じてしまいますよね。

ー「寄せに行く」!!まさしくそれ、あるあるですね!!

 

えらみちゃんのお話を聞いて、LGBTやマイノリティと言っても話を聞いてみたら本当に人それぞれ違うんだなあと思いました。

そういうことで悩んでいたえらみちゃんだからこそ、「自分らしいのが大事」っていう活動をしているんですね。

えらみちゃんの活動。誰かの為に。

ーTikTokやYoutubeなど動画配信で、えらみちゃんのファンの方たくさんいますね。

「自分らしさが大事」という大切な事を、とても上手に多くの人達に伝えられているんだなと思います。

自分自身「ほんま自分、曖昧な、優柔不断な性別やな~!」と感じることもあります。でも誰かが同じ問題を抱えていたら、「人それぞれ違うのは普通だと思う」と答えます。


その為にも、自分がもっと強くなること。「曖昧」である自分を受け入れる、認めてあげられる強さを持つことで、自分と同じような感情を抱いている人にも生きやすい社会:皆がその人をその人としてみる社会に貢献できるのではと思っています。

えらみちゃんから皆さんへのメッセージ

LGBTっていうカテゴリーにあてはまるのがあるならそれで公表してもいいけど、自分を縛るのではなく、ちょっとでも自分は何かちがうかなと思ったら、わざわざ当てはまりにいく必要ないと思います。

 

自分自身が一番生きやすい環境を、自分でつくってあげることがベスト。

みんなが無理なく悩みもなく“自分”でいれるようになってもらえたらなと思います。

 

理解してくれる人にだけわかってもらえたら。その人数が大きくなればなるほど、自分も楽になるし、しんどくなくなる。生きやすくなる。自分で自分が生きやすい環境を作ってあげて、みんなに “自分”で生きて欲しいなと思います。

おわりに

  • 「かわいい=女性の身体」ではない
  • カテゴリー分けによって生じる「寄せに行く感」
  • わざわざカテゴリーに当てはまりにいく必要はない
  • その人をその人としてみる
  • えらみはえらみ

これらのことが特に印象的でした。

 

わたしたちもLGBTのいち当事者ではありますが、えらみちゃんのお話を聞いて「え!?そうなんだ!?」「〇〇〇というものだと思っていたけどえらみちゃんは違うんだ!?」という発見が多々ありました。

 

L・G・B・Tそれぞれの中でもみんな違う。人それぞれちがうって、当たり前のことと誰もが思ってはいながらも、実際には思っている以上に本っ当にひとそれぞれ。

 

自身に悩みもありつつも「自分らしさの大切さ」を伝えようとしてくれているえらみちゃん。(そしてまたその動画配信がおもしろい。)本当にありがとうございました!私たちもえらみちゃんのようにたくさんの方に何か良いものを伝えていえるよう、がんばってまいります!

視聴者さまご感想

みんな、ちがう。

だから、いい!